国境を越えた通信機器レンタルサービス

通信機器接続

レンタルすることのメリット

日本国内に旅行する際は自分が持っている携帯電話はモバイル通信がそのまま使えます。
したがって、デバイス自体をレンタルしてそこに自分のデータを入れるというサービスを利用する必要はありません。
海外旅行に行く際にSIMカードに対応している携帯電話は、レンタルした機器に自分のSIMカードを挿入すると、その機器でも同じデータを使うことができます。

また、海外は治安的にも日本より不安があるので、もし自分の携帯電話を盗られてしまったり、なくしてしまったりするのが怖いという方にもお勧めです。
ただし、レンタル機器も無くしてしまったら罰金があるので気をつけましょう。
それに備えて、指定の盗難保険に加入するのも良い手段です。

レンタルすることのデメリット

以上のように、通信機器のレンタルというのは海外旅行において非常に有用なものでしょう。
これまでも利用者が多く、海外旅行代理会社も積極的に進めるということは、それだけの恩恵があるからだといえます。

しかし、通信機器をレンタルするということには同様にデメリットがあることを忘れてはいけません。

まず、費用の高さが挙げられます。
通信機器のレンタルは一日数千円、高いものでは一万円を超えます。
これに比べると、現地で購入したほうがよっぽど安く済みますし、短期であれば現地のWi-Fiに頼るのも良いでしょう。

次に、操作勝手の難しさです。
通信機器レンタルをするに当たって受け取りは基本出発前日です。
日ごろから機械類に強い方はすぐに設定できますが、機会が苦手な方にとって一日に満たない時間で基本設定を行うのは厳しいでしょう。


この記事をシェアする

↑ページの先頭へ