国境を越えた通信機器レンタルサービス

海外旅行時に通信機器レンタルは必須

日本の技術発展による消費者の意識変化

ずっと日本で生活している皆さんにとっては、当たり前のことかもしれません。
携帯電話でインターネット接続をすると、数秒と待たずにページが更新されたり、数時間も通信が途絶えることなく電話することができたり。

これらは全て、日本の電波供給が安定していることの象徴的な事例です。
ひとつ海を越えて海外に行くと、私たちの常識は全て崩されます。

海外から日本の友達に電話しようにも、オープンなWi-Fiの安定性の無さによってすぐに切れてしまうことも、決して珍しくはありません。
また、Wi-Fiあります、のマークを張っているお店でWi-Fiが故障中ということも日常茶飯事です。

日本での生活に慣れてしまうと、それ以下の状況に遭遇したとき、秘奥に大きなストレスを感じるようになります。

日本の技術を海外へ持ち込める

ポケットWi-Fiのような機械は、主要国に対応して海外旅行の際にもっていくことができます。
この機器を使うことによって、海外にいても日本にいたころと変わらないWi-Fi環境を保つことがあります。

わたしもこのサービスには非常に救われた経験があります。
特にアメリカではどこにでもWi-Fiがあり、困ることは無いとよく言われますが、決してそんなことはありません。
一部の一般的な地図アプリはインターネット接続が無くても使えるので、無くても遭難することは無いです。

しかし、町でちょっとしたことを調べたり、集合時間の連絡をしたりと、Wi-Fiがあればできることもそれがなくては非常に不便に感じてしまいます。
通信機器のレンタルをして準備をすることは、安全にも配慮された行動だといえます。


この記事をシェアする

↑ページの先頭へ